スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part95
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1524290278/

590: 名無しさん@おーぷん 2018/05/02(水)23:16:53 ID:4yF
大学のゼミが同じだけの知り合いに頼まれて、
私の使ってた資格試験の参考書と過去問を貸して、
質問されたら教えたりしていた
知り合いの友達(以下A、私は面識なし)が同じ試験を受けるから、
その人にも貸していい?と聞かれたので、私は使わないしどうぞと答えた

数日後、携帯に見知らぬ番号から電話があった
その時怪我で保険請求をしていて、その電話かと思ったら、
番号を教えてないAからの電話だった
知り合いが勝手に私の番号を教えたらしい
要件は「勉強を教えてもらうためにそちらのお宅に伺う件ですが」だった
私はワンルームに一人暮らししていて、いきなりの電話で咄嗟に答えられず、
「ごめんなさい、今からバイトなので」と断って電話を切った
実際にバイトの直前で知り合いに問い詰める時間もなく、
LINEで何で勝手にAに私の連絡先教えたの?
はっきり言って迷惑だよとだけ送ってバイトに入った

バイト中は携帯を見られないので、その間に大量のメッセージが来ていた
まとめると「Aはイイヤツ、Aは真剣に勉強してる、迷惑とか言うな、
最後まで教えろ、約束守れ(約束してない)」だった
家帰ってからLINEを返そうと思い、急いで家に帰ったら、
オートロックの共用エントランスの内側、私の部屋の扉の前に見知らぬ男性がいた

その人はAだと名乗り、
「待たせちゃ悪いと思ったらちょっと早くついちゃった」と笑った
何がなんだかわからなくて、「何なんですか!警察呼びますよ!
誰か助けてください!不審者です!助けて!!」と大声で叫んだ
(中校生の頃に変質者から同じように待ち伏せされたのでかなりパニックになった)
Aは度肝を抜かれたような顔をして、焦って早口で何かを口走ったが、
パニックの私の耳には届かず
私は私で警察を呼ぼうと携帯を取り出すも、
手が震えていたのと焦っていたのでスマホを角から地面に落とし、割れた
その間にAが知り合いに言われてここに来たと言い出し、
手土産にケーキと飲み物を持っていたこともあって冷静になれた
(知り合いは別のゼミの女性から私の住所を聞き出したらしい)
Aに話を聞いてると、私の声を聞いた住人が110番して警察もやってきてしまった
長くなるからこの後のことは割愛

警察もAも帰った後、私は頭に血が登り、知り合いに文句を言いまくった
「何で私の知らない人に私の個人情報を教えるの?何でAは私の外見を知ってたの?
いきなり家に押しかけるように仕組むとか訳がわからないよ
しかも私に断りもなく、女性の連絡先を男性に教えるってなんなの?何考えてるの?」
そしたら返答は驚くべきものだった
「お前の言い分は男女差別だ!その言い方ならAが女なら良かったってことだ
Aが男だから家に来られるのも迷惑、勉強も教えたくないというのは女尊男卑だ!
とんだ差別主義者だな!」

その後、周りも含め何を言っても
「見知らぬやつに個人情報を教えるなという問題なら
男女の性差を言う必要は無いから、お前は男女差別をしている」
一人暮らしの女の家に女が押しかけるのと、
男が押しかけることの違いは当然考えるべきことでは?
「男が全部危険人物だと思ってるお前は頭がおかしい」
日頃から性的被害は女の自衛が足りないと主張していた
「イケメンなら問題にしなかったんだろ」
そんな訳あるまい
「女は自分を弱者だと言い張りすぐに男を加害者にしたがる」
Aを加害者にしかけたのはお前だよ

Aは後日、郵送で謝罪の手紙をくれて、スマホの修理代のことや、
ファミレスなどで直接会って謝罪したいことなどを書いてよこしてくれた
Aの親も「息子が迷惑をおかけしました」と
慰謝料を払いたい的なことを一筆書いてあった
Aも落ち度はあったと思うけど全て辞退した
なのに知り合いはAは私の被害者だとずっとわめき続けていて、
ある日Aの保護者の方が大学まで来られて、それから知り合いは大学に来なくなった
その後はA含め一切音沙汰がないが、訳のわからないトラブルに巻き込まれて最悪だった

591: 名無しさん@おーぷん 2018/05/02(水)23:32:53 ID:2o0
>>590
その知り合いとかいう奴が男でも女でも怖い

592: 名無しさん@おーぷん 2018/05/02(水)23:33:07 ID:MkS
Aって人も親も誠意あるちゃんとした人だったんだね。
違う出会い方をしていれば長く付き合える友人になれてたかもしれないと思うと、
どちらも気の毒だ

600: 名無しさん@おーぷん 2018/05/03(木)02:02:41 ID:atH
590
>>592
本当にその通りです
バイトの直前の電話も、伺う前の挨拶の電話だったようです
バイトの直前だと伝えたら、そのときも
「タイミングが悪くてすみません!すぐ切ります」と謝ってくれてたんですよね
その時チンプンカンプンだった私は何なんだ?という不快感しか無かったんですが

資格試験は二次試験まであって、Aは一次試験に合格したため、
そのお礼をするためにわざわざ一次試験用のテキストと
私の書き込んだノートを持って訪ねてきたそうです
だけど私はその事を全く聞いておらず、パニックになって叫びまくってしまいました
Aも私が何も知らないことを聞いてびっくりしていました
Aが知り合いと同じような人間だったらと考えると恐ろしいです