オカルト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.2
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1438314669/

387: 名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木)16:41:09 ID:rH8
実家が東京郊外で
アパートやマンションを貸して生計を立ててるんだけど、
そのマンションのある部屋が、所謂いわく付き物件だった。
随分前に住人の恋人がその部屋の風呂で亡くなったことがあり、
隣接する部屋の複数の住人が
「男女が争う声が何度も聞こえた」
と証言したらしいが、持病のてんかんが原因の溺死となった。

        【この記事の続きを読む】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
本当にやった復讐 2
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1410735934/

819: 名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金)19:05:30 ID:kSp
オカルトだしここでいいか、復讐というには微妙だけど書き捨て

実家が嫌いだったんだよ
親は毒だし、毒(独身の方)兄、出戻り糞姉に加えて糞ガキまで居やがる
古いボロい家で暗いし寒いしトイレはボットンだし
いろいろ酷かったけど、それは慣れれば割りと気にならない
そんなことより家族が嫌だった
だから糞姉が戻ってきて部屋追い出された時は辛かったけど嬉しくもあった

        【この記事の続きを読む】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8
http://kanae.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1434008877/

609: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)12:50:49 ID:4FK
オカ板向けの話かもしれないけれど、
双子姉がちょっと怖い体質(?)持ちであること。
姉が強い憎しみや怒りを抱いた相手は悉く不幸になっている。

        【この記事の続きを読む】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8
http://kanae.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1434008877/

607: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)12:36:19 ID:xuU
去年の秋、6回目の転勤による引っ越しをした。
辞令が出てから新天地へ着任するまで一ヶ月もないので
発令後速攻でネットで希望に合った物件を探して
5件ほど内覧予約を入れ現地に飛ぶ。

        【この記事の続きを読む】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その7
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1428950529/

416: 名無しさん@おーぷん 2015/05/18(月)20:05:39 ID:SZ4
カメラ絡みで私も以前凄い人見たな
その爺はフレーム内に人が写るのが絶対に嫌だったらしく
離れた場所の観光客にも罵声浴びせてたよ
私は歩いていたらシャッター切る瞬間に写りこんだらしく
詰め寄られて凄い唾飛ばされながら怒鳴られたなー

        【この記事の続きを読む】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
今までにあった最大の修羅場を語るスレ4
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1422201514/

850: 名無しさん@おーぷん 2015/05/02(土)02:46:54 ID:8KO
オカルト的な話なんだけど
私の父は三男で一番末っ子、祖母(乳の母)可愛がられて育った
祖母は長男家と同居していたが、子どもには発達障害があったこともあり、
末っ子の父の娘である私をたいそう可愛がってくれた
でも私の父はオカルト宗教にはまっていたので私は父が大嫌い
年一回父に連れられ祖母に会いに行っていたのも色々あり小3でやめた
伯母さんが私を歓迎してなかったのもあるし、
従姉妹とは一回りも年が違ったのもある

        【この記事の続きを読む】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
今までにあった修羅場を語れ【その10】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1430454126/

425: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)13:31:38 ID:Emr
幽霊なんて信じてないんだけど、ある日、
明らかに姑の幽霊にしか見えないものが部屋の中にいた。

1年前、壮絶な嫁姑争いの最中に、事故であっさり亡くなってしまった姑。
文字通り流血沙汰を何度か起こされて、裁判寸前まで行って絶縁した。
葬式にも行かなかったくらい嫌いだったもんで、
半透明であっても姑がそこにいる!と認識した瞬間に
かーっと血が上って、そばにあったファブリーズを、
かけるんじゃなくて本体ごとぶん投げてしまった。
ファブは姑をすり抜けて壁にぶつかって落ちたんだけど、
明らかにビビってる雰囲気を出してきたので
「クソババアーーー!死んでまでも絡むたぁいい度胸だこんちくしょーーー!」
とがなったらなんか言いたげな顔して、すっと消えてしまった。

        【この記事の続きを読む】

    このエントリーをはてなブックマークに追加
【百物語】奥様が経験した怖い話
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1407209315/

39: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)20:37:42 ID:HZUD2brMS
あんまり怖くないかも知れないけど。

私の父親は2年毎に転勤のある仕事で、両親と姉、弟の5人で
姉が高校受験を迎えるまで引っ越しは続いた。
大抵は県庁所在地のマンション住まいだったが、
一度だけ回りが田んぼに囲まれて、
柱が黒光りするような古民家に住んだことがある。
この間「愛しの座敷わらし」って映画を放送してたけど、まさにあんな感じの家。
当時私は小学4年生だったけど、初めて自分だけの部屋を貰ってすごく嬉しかった。

        【この記事の続きを読む】

このページのトップヘ